活動日誌−愛西市議団

【21.02.10】2億7000万円の臨時交付金を活用し 新型コロナウイルス感染対策の充実を

市に感染対策の充実を申入れ

   2月10日、新型コロナウイルス感染対策に充実する申し入れを愛西市長あてに7項目の申入れをしました。市側は、奥田総務部長、宮川企画政策部長が対応しました。

高齢者施設などの社会的検査を

\府の新型コロナウイルス感染症対策本部は、感染者が多数発生している地域などにおける医療機関、高齢者施設、保育園、学校などの勤務者を対象とした「社会的検査」の実施を都道府県に要請している。愛知県においては高齢者施設の「社会的検査」の実施の検討をしている。県に実施を強く求めるとともに、市独自でPCR検査体制をとること。

ワクチン接種のための移動手段の充実を

⊃祁織灰蹈淵Εぅ襯好錺チン接種にあたっては、国の方針が明確にならない状況ではあるが、市民の命を最優先に、予約方法、接種場所、時間、接種方法を再検討し、接種をしやすくすること。その場合、巡回バスやタクシーチケットの利用など接種会場までの移動手段についても検討すること。

経済的な支援の充実を

7从囘支援の充実のため、水道代の減免や、学校給食費無償化の継続や、幼児教育保育の給食費の無償化を行うこと。生活困窮世帯給付金などの給付を行うこと。

地域経済支援の充実を

っ楼莊从兒抉腓僚室造里燭瓠⊆知期間がみじかかった冬支度支援給付金の申請締切についての延長をおこなうこと。休業支援金の対象とならなかった事業者への独自の給付金の創設をすること。

生活困窮者に対する食料支援の充実を

ゼ匆駟〇禧┻腸颪範携して、生活困窮者への食糧支援を行うとともに、生活保護および生活福祉資金の特例措置の積極的な活用をよびかけること。

新型コロナ困りごと相談窓口の設置を

Ψ从囘困窮、感染不安や行動自粛等によるストレス、虐待、ホームレス、自死が指摘されており、専門の相談員を配置し、相談窓口を設置して対応を強化すること。

各種事業の予算のあまりを活用して

Э祁織灰蹈淵Εぅ襯拘鏡対策の各事業の執行残を活用してさらなる支援を行うこと。

ひとつひとつ検討します

 2億7000万円の臨時交付金や、ワクチン接種のための交付金の詳細は、まだ決まっていない。今年度になるのか来年度になるのか検討中だが、申入れの内容は、よく検討します。と回答がありました。

▲ このページの先頭にもどる

トップページに戻る
RSSフィード(更新情報)
すやま初美