市政の動き−議会&市政報告

【16.06.09】河合かっぺい議員の一般質問

学校補助金カット3年で1000万円、保育料は3300万円

   愛西市の6月定例議会は6月3日及び6月6日に行われました。
 6月6日に行われた河合かっぺい議員の一般質問で、河合議員は学校補助金の削減問題を取り上げました。
 河合議員は「愛西市は、企業誘致で、多額な市税の支出を進める一方、教育、子育て、福祉については削減を進めている」と批判。当局は「学校教育補助金削減は、3年間で累計1000万円となり今後は、児童数の減少のなか、もっと減っていく、各項目の一層の削減については今後の状況を見て行う」とし、「行わない」との答弁はありませんでした。

 保育料の値上げは、平成30年までに3300万円となり、一人当たり20000円の負担増となります。第3子祝金削減は、660万円でした。保育料については、受益者負担の考えにより、利用する人のさらなる負担を求める答弁でした。

 「市民には負担を求め」その削減した金額を、「企業誘致につぎ込んでいる」愛西市の状況が明らかになりました。いまこそ、地方自治法に定められた「住民の福祉の増進をはかる」という愛西市が進めなければならない本来のあり方が問われます。

▲ このページの先頭にもどる

トップページに戻る
RSSフィード(更新情報)
すやま初美